札幌 交通事故治療

札幌 交通事故治療 後遺症 後遺障害

交通事故でケガをされた場合、一定の期間が経っても治らない場合があります。
負傷後、急性期症状を経過してもなお機能障害や神経障害、傷痕などが残ってしまった状態のことを一般的に「後遺症」といいます。

しかし、保険金の支払い対象、という見地からみると、どんな後遺症でも支払いの対象になるわけではありません。単なる「後遺症」ではダメで、「後遺障害」でなければならないのです。
「痛みや痺れなどの症状が残っている」と主張するだけでは、それは「後遺症」となります。
一方、「後遺障害」とは、後遺障害の申請をし、それが認定されたことを指します。
「後遺障害等級を獲得した後遺症」=「後遺障害」ともいえます。
保険金の支払い対象となるのはあくまでも「後遺障害等級」に認定された「後遺障害」でなくてはなりません。

後遺障害慰謝料とは、通常の入通院慰謝料とは別途支払われる慰謝料のことです
後遺障害の認定は誰が行うのかというと、損害保険料率算出機構に属する自賠責損害調査センター調査事務所という機関が行います。
※JA共済(全国共済農業共同組合連合会)は独自に調査を行います。手足の切断、脊髄損傷のように不可逆的なもの、生涯元に戻る見込みがない重篤な後遺障害に関しては、6ヶ月の治療を必要としませんが、そうでない場合は、6ヶ月以上の通院期間を経過した後、後遺障害の申請をするのが一般的です。

札幌 交通事故 治療

札幌 交通事故治療
交通事故にあってしまったあなたを全力でサポートさせていただきます!
お気軽にご相談ください。

札幌交通事故治療 受付
札幌 交通事故 治療 相談札幌 交通事故 治療 相談